So-net無料ブログ作成
検索選択

新製品が安いケーズデンキ♪~旅人との出会い編~ えりも~鵡川 走行距離155km

昨日は風が強くて木がざわざわして怖いから20時に就寝。
今朝4時半に起床。バナナを食べてテントをたたんでるとおじいさんが話し掛けてきた。この人は夏になると毎年愛知から北海道に涼みにきてるらしい。いつもは稚内の防波堤ドームにテントを張って過ごしてるらしいのだが、ついこないだそこでイベントがあってこっちに避難してきたそうだ。稚内では『ドームのおとうさん』で有名らしく稚内のフェリー乗り場のおばさんもこれでわかるらしいのだ。名刺をもらう。
年はなんと72歳!若い!72歳のライダー。今まで出会った中で最年長のライダーです。あ、ちなみに留萌のライダーハウスで出会った最年少チャリダーは13歳の中1です。フローム愛知!!すごすぎでしょ。

ドームのおとうさんにまんじゅうをもらい6時半出発。えりも岬はキャンプ場から7キロ位のとこで7時前に到着。あいにく天気は曇りだったが景色はなかなかのもんでした。

珍しく観光地で2,30分時間費やして再び出発。途中朝飯とりつつ、とりあえずは道の駅を目指す。ここで紹介させてもらいますと『道の駅』っていうのはレストランやトイレ、その町の名産品などを売ってたりする、言ってみれば少し豪華なパーキングエリアでしょうか。

そうこうしてるうちに最初の道の駅『みついし』に到着。遠かったわぁ。そこで日大のチャリダーに会う。そこで2,30分話し込んでこの先の情報を仕入れてお互いの旅の成功を誓って握手を交わし出発。やっぱチャリダーと話すのは楽しいです。

そのあと静内町に入る。わりと大きな町でケーズデンキを発見。店内へ。実は今日えりも岬で写真をとってもらったときにバッテリーが切れてしまったので途中まったく写真が撮れない状態が続いていた。バッテリーが切れるとは思ってなかったので充電器は持ってこなかった。
いざ、店員さんに・・・。
「あのいきなりずうずうしいんですけど、僕、自転車で旅してましてデジカメのバッテリーが切れてしまったんですけど、充電ってさせていただけないでしょうか?10分だけでいいんで。」
「あ、いいですよ。」
ありがとうございます!!さすがに何も買わないのは悪いのでウォークマンのイヤホンをもう買い換えるつもりでいたからヘッドフォンを購入。店員さんはゆっくりしてってというので、その店員さんと30分くらい話を。帰りがけにタオルまでもらっちゃいました。なんてサービスのいい店員さんなんだ!みなさん北海道のケーズデンキはいいですよ。

その後、道の駅『サラブレッド新冠』で少し休憩し、次は今日の目的地、道の駅『むかわ四季の館』を目指す。こっからがめちゃめちゃ長く50kmはあった。もう、膝は痛いし、遠いし、ただひたすらこぐだけって感じ。こいでる時って何を考えてるかとか気になる人もいるかもしれないけど、けっこう日記のタイトル考えたり、歌ったり、中学時代のこと思い出したり、そんなんばっかかなぁ。

時間も17時を過ぎたとき、ようやく道の駅到着。ここの道の駅はかなりデカイ。駐輪場にチャリを停めようとすると、ん?どっかで見た黄色いチャリが。かなり見慣れたチャリである。とりあえず、チャリだーの人がいたら話し掛けるようにしてるので探してみる。1階をグルグル探すがそれらしき人はいない。2階の図書室へ行ってみる。下駄箱にみたことのある靴が・・・。
つかつか入っていき机の所に人が・・・
そーっと見てみると・・・塾長ーーー!!塾長じゃないですか!!
日本縦断を終えて黒く焼けた顔した自転車の師、蒲○くんがいた。

こんな北海道の地で会ってることに二人爆笑。
そのあと道の駅に併設されてる温泉につかり、思い出話を。
夜はすぐ近くのバス停で就寝。

で、ネタばらしをすると実は塾長が宗谷岬についてからちょくちょく連絡を取り合っていたのです。そして塾長は旭川やら美瑛、富良野を観光してる間に僕は苫小牧を目指し、この道の駅『むかわ四季の館』で合流する運びになっていたということです。

今日の走行距離は今回最高の155km。ここまで来る意義は十二分にありました。よくがんばりました。

今回なぜこんなに長いかというと次の日、3日に苫小牧のネットカフェで書いているわけだからです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。