So-net無料ブログ作成
検索選択

many,many


いーけないんだ、いけないんだ!せーんせいに言ってやろう!

が、もう言えなくなる立場になる者です、ども。

私がせんせいになってしまうので。



気が付けばまた一ヶ月も放置してた。

11月の頭から1週間、老人ホームで介護体験の実習をした。


実習の内容としては、10時のお茶だしから始まり、

昼食時のおしぼり配り、エプロン着用介助、昼食の配膳、

昼食後のテーブル拭き、入浴後の髪の毛のドライヤー掛け、

廊下の掃除機掛けなど。

あとは空き時間に利用者の方とのコミュニケーション。

ほぼこれがメインみたいなもの。

だけど、想像以上に認知症の方なども多く、普通の会話が成立することはほとんどない。

会話してても、同じ質問を繰り返したりする。

え?こんなに普通に会話出来るのに!?って人も認知症だったりして驚かされた。

はじめの2,3日は朝、挨拶しても無愛想にしてた人も4日目ぐらいになると、

僕を認識し始めたみたいで、

お茶とか、おしぼりを渡す時に「ありがとう」って言ってくれるようになる。

その、「ありがとう」の一言って改めてすっごいものだと感じた。

「ありがとう」って言われるのがこんなに嬉しいものだったっけ??みたいな。

感謝されるってすばらしいなぁと。

最後の日は、たった1週間しか一緒に過ごさなかったけど、

けっこう込み上げてくることが二つあった。

1つは、いっつも無愛想なおばあさんが最後に一生懸命、

僕の話を聞いてくれて、会話しようとしてくれた時。

この人は、いつも話かけても遠くみてて、

こっちをみようともしないんだけど、お茶とか出すとありがとうは言う。

最終日。

帰る時間になって、今日で終わりだということと、

長生きしてくださいねって言うと、

一生懸命、僕の目を見て話を聞いて、会話しようとしてくれて。

胸がきゅんとなった。


2つ目も同じ感じ。

いつも、食事の前にトイレに行きたくなるおじいさんがいた。

その人はいつも僕に手を挙げて呼んで、

かろうじてわかる感じで「トイレ」って言う。

その人にも、最後挨拶すると、僕の名札を一生懸命読もうとして、

「おおばさん」って言ってくれた。

耳が遠いらしく、いつも会話出来なかったのだが、

その時は「え?え?」って何度も聞き返してくれて、

僕がいうことを聞こうとしてくれた。

「長生きしてくださいね」っていうと、

満面の笑みでうん、うん、と頷いてくれた。

これが7日目にして初めてみた笑顔だった。

泣きそうになってしまった。

正直、意思疎通がなかなか出来ない老人相手というこの介護の仕事というのは

相当、忍耐がいると思うし、精神的に疲れた。

改めて、介護の仕事をしている人ってすごいって思った。

なかなか出来ることじゃないなぁって。

これも、良い経験になったし、

教師という仕事に生かせればと思う。

それにしても、おばあちゃんほんと可愛かった。



これで、介護体験も終わり、あとは児童心理学の単位が取れれば教員免許取得だ。

でも、これで単位とれなかったら、免許とれなくて、採用取消・・・

笑えない。


なんとかなるでしょう!


最近のワタクシはいろんなところへ行ったり。

最近つってもここ2ヶ月くらい。

巨峰狩り行ったり、

巨峰狩り.jpg

高尾にあるトリックアートに行ってみたり、

トリック.jpg


はたまた、横浜にあるアンパンマンミュージアムに行ってみたり。

初物尽くし満載。

こないだなんか、ザリガニとドジョウを捕まえてきて飼育してます。

すんごい楽しい!!

ザリガニ最高!!

とまぁ、ワタクシが小学生化してますが。


学生気分でいられるのもあと4ヶ月足らず。

目一杯、遊びつつ、先生になるための準備をしていこう。



さて、こちらのコーナー。

本日の一曲。

ペンネーム、重量100tさんからのリクエストで

m-floで「come again」です、どぞ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。